悩み相談、カウンセリングと人を癒やす仕事は多くありますが、占いとは違う部分があります。見ていきましょう。

占いの力は悩み相談、カウンセリングの枠を超える

悩み相談をする人、カウセリングをする人、占いをする人。全てに言えますが、何か特殊な能力を持っているわけではありません。占い師は過去、現在、未来が明確に全て視えているわけでもありません。同時に超能力のようなサイキックな力を持っているわけでもありません。占いでわかることは人生において数%の出来事。それも当たるかどうかは約7割前後の確率です。

本当の占い師の願いとしては占わなくても良くなること。といった先生がいます。毎日希望がある日なら占いなんて頭にも入ってこないからです。

占いで問題が改善されるわけではありません。中には未来で起こることを的中させて人生を大きく変えてしまう占い師さんもいるかもしれませんが、本当に一握りでしょう。多くの占い師は絶望にたっている人間に対して未来は閉ざされていないと教えることが義務でもあります。

占いが相談者自身を救うのではなく占いによって相談者自身が元気になったり自信を取り戻して現状を変えていく力を与えるのが占い師の役目です。つまり小さな道標なのです。

占いには科学的根拠がありません。しかし、論理的な問題枠を飛び越えて相談者に元気、勇気、自信を与える力があります。通常の悩み相談やカウンセリングにないポイントがこれです。

占い師によって出てくる解答結果も違ってきます。悩み相談やカウンセリングではどの先生も似たような意見や解答をします。そしてただ話を聞くだけのケースも存在します。気持ちが辛い人に対して話を聞く行為はそれだけで気持ちを和らげるものになるのですが、占いはその枠を一歩超えてアドバイスができる強みがあります。

MENU

Copyright (C) SE女子が贈る占い・ゲーム雑記 All Rights Reserved.