占いと言えば銀座の母をイメージする方も多いのではないでしょうか。銀座の母ができるまでのストーリを紹介します。

銀座の母ができるまでのストーリー

銀座の母といえば、占いにあまり興味がない人でも一度は耳にした事がある名前ではないでしょうか。銀座の中央通りに面した歩道で街灯占いをしていた人です。

離婚を経験しており生活のためにキャバレーで働いていた時期もありました。その時易者から占い師に向いていると言われ、それが占いをするきっかけになったといいます。

占いを始めてからはよく当たると口コミで広がり、評判となります。

人気が出るにつれて人が殺到し、長蛇の列を作る程になりますが、これが他の通行者の迷惑になると言う事から、街灯占いを辞め、ビルの一室を借りて占うようになりました。

しかしビルの一室に移動した後も、銀座の母人気は衰える事なく、整理券を配り1日に占う人数を制限しているほどです。

そのうち人気ぶりがマスコミにも注目されるようになり、テレビへの出演なども増えて行き、すっかり有名人となります。

銀座の母の本名は横田淑惠さんと言いますが、これにあやかり原宿の母、代々木の母、新宿の母など、人気占い師も増えていき一時期大ブームとなりました。銀座の母、大泉の母、新宿の母、は占い三大母とも呼ばれています。

銀座の母が多くの人に支持されたのには理由もあります。

良い事だけをいいご機嫌を取るような事はせず、時には厳しい言葉でお説教される事もあります。しかし厳しい言葉の中にも優しさがあるので、占ってもらう人は何度も足を運ぶといいます。

親にお説教されると素直に聞けない人も、銀座の母の言葉は素直に聞けるというのもどこか不思議で温かいパワーがあるからなのかもしれません。

評判が評判を呼び、芸能人や政治家までジャンルを問わず多くの人が銀座の母の元に占いをしてもらいに足を運んでいます。

銀座の母の占いは手相占いが有名ですが、他にも四柱推命や人相占い、ほくろ占い、九星占いまで占い方も様々です。鑑定料金は4,200円ですが、これだけの人気者に占ってもらえるならこの価格でも安いと感じてしまいます。

MENU

Copyright (C) SE女子が贈る占い・ゲーム雑記 All Rights Reserved.